気晴らしや暇つぶしに最適なセリアのマイクロブロック

ダイソーにあるのはプチブロック、セリアにあるのはマイクロブロック。
どちらも小ちゃな組み立て式のブロック玩具ですが微妙にサイズが違うようで互換性はなかったりします。

おっと、話が進み過ぎてしまったかな。

今回の100均ネタはセリアで買ったマイクロブロック。
以前は置いてたこともあったそうですがいつしか見当たらくなってました。
でもまた最近再販されてたのでここぞとばかり2個だけ買っておきました。

マイクロブロックシリーズ、うさぎと黒柴

真四角な箱が可愛らしくもあるマイクロブロック。
様々な種類があったなか、中でも僕のコレクター魂をくすぐったのがウサギと黒柴です。
でも、帰ってきてから気付いたことだけど亀もあったのでウサギと亀のが組み合わせ的には良かったなーと思い直したりもしてます。

輸入販売元はポニーという会社。
ブロックサイズは高さ約5mm、横が一片約4mm。
かのブロックとほぼ同じサイズですが僕は持ってないので互換性あるないは残念ながら分かりません。
(ダイソーのはくっつきなかったこと確認済)

手始めにウサギから作ってみましょう。
ん〜..毎度のことながら開封するとけっこうチマチマしてるので頭が痛くなる。
こんなの作れるの??

いや、案外作れるもんですよ。

はい、おおかた完成。
たしかにウサギっぽい見た目してます。

緑の土台と花を植えたら文句なしのウサギになりました!

でも正面からみるとケッタイな生き物にしか見えないというオチ。

ま、なんでもいっか。

黒柴も作ったぞ!ワンワン

仲良く並べてすべておわり。
作ってる最中はそれはそれは夢のようなひと時でした。
楽し過ぎて気付いたら夜中の3時過ぎ。
遅いのでもう寝ようとするかな。

・・・

というけでマイクロブロックの組み立て遊びはここまでです。

一個作るのにかかった時間は共に難易度「ふつう」で大体20分くらいでした。
難易度一番高いやつだともう少しかかると思うけど、ダイソーのプチブロックとどちらが難しいかでいえばややダイソーかな?いった感じです。

作品としての出来栄えにしても、マイクロブロックはやや薄味気味といったところ。
しかしまあ、土台付いてるし種類もわりかし豊富なのでちょっとした気分転換にはピッタリですよ。

車関係が欲しい人はダイソーのプチブロックを、海生物や生き物系望む人はマイクロブロックを、、といったように分けて楽しむのが100均ブロックの賢い楽しみ方だと思います。

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク