バリバリ財布比較!ダイソーのとモンベルのジップワレットを比べてみた!

面ファスナー式の財布のことをバリバリ財布と表現する人はけっこういると思います。(いないか?)
財布を開く時、「バリバリ」音を立てるからバリバリ財布。別段、正式な呼び方というわけではありません。
主に小中学生が持つことからキッズ財布と揶揄されることもあるとかないとか..。

っと、バリバリ財布の概要はここまで。

今まで使ってた財布(牛革の)がボロっちくなったので買い替えたのですが、今回から普段使い用と遠出用と財布を分けて持つことにしました。
買った内一つはアウトドア用品ブランドモンベルのジップワレット。
もう片方はダイソーの100円財布。
両方ともいわゆるバリバリ財布なので、ちょっと比較してみることにしました。

ちなみに旧財布はコレ。
いつも前ポッケに入れてたので、いつしか鞄にしまい忘れてたコッペパンみたいにヨレヨレになりました。

モンベルのジップワレットとダイソーのROBBI財布を比較する

一気に二個も買ってアンタ金持ちですか?と思われそうだけど貧乏です。
モンベルのは1300円とちょい。ダイソーのは100円なんで2個買っても1500円足らずです。

一般的にはダイソーのが定番的なバリバリ財布ですね。
モンベルのはチャックあるので一見バリバリには見えませんが、小銭を開く部分がバリバリ鳴るにで一応バリバリです。

開いた様子はこんな感じ。
閉じた大きさは二つともさほど差はナシですが、開くとダイソーのROBBIのが面ファスナーぶんやや大きくなります。

だがしかし、厚みはモンベルの圧勝です。
いやいやいや、縦はROBBIのが1cm弱長い様子だ。んー一進一退の攻防か?!

札入れはROBBIは1箇所ですがモンベルのは2箇所あります。
2箇所あった方が一つは紙幣、もう一つは商品券..といったように分けれるからGoodです。

最後、小銭入れ部分比較。
ご覧のとおり、モンベルのはここが面ファスナーでしてバリバリ音がします。バリバリ。
それに対し、ダイソーのROBBIはチャック式。
どちらもバリバリ鳴るのは一回のみでして、内で鳴るか外で鳴るかの違いです。

まとめ

というわけで、比較はここまで。

こう言っては身も蓋もないけど、財布としての完成度はモンベルのジップワレットのが上ですよ。(まあ、値段が違うので当然ですがね)
収納量、使い勝手、ブランド、カラーの種類、リーズナブルな価格..etc、全てにおいて一定水準以上を兼ね備えた文句のつけようのないバリバリ財布といえましょう。

一方、ダイソーのはというと、、これもはっきし言えばさほど悪くナシ、です。
素材も普通だし、裁縫も特に雑な感じはしません。
欲を言えば、紐を通せる穴があったら良かった..くらいのものですね。
元々メイン使いには考えてなかったので、多少のチープ感はご愛嬌ということで納得するとしておきます。

バリバリ財布のメリットを語ってみる

アンタ、いい歳した大人がバリバリ財布使って満足なの?

という声が聞こえてそうなので一言申しておきます。

んー..満足ではないけど、バリバリも案外悪くないですよーというのが現時点での感想ですね。

革製財布は格好良い?し風格がありますが、手入れしないと一枚目の画像のようにクタクタになってしまいます。
値段も高いし、雨にぬらすのはNGなのでそもそもラフな使い方には向いてないんですよ。

その点、ナイロンやポリエステル素材のバリバリは値段も安いし雨にも強いです。
見た目は若干安っぽいけど、友達と飯食いに行った時などお金なさそーに見えるんで割り勘提案もすんなりいくというメリットもあります。

つまるところ、「子供っぽい」という一点を除いたら都合が良い面も沢山あるということ。
固定観念を捨てることで世の中見えてくるものが沢山ある..それをバリバリ財布に教えられたような気がした今日この頃です。

..以上!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク