段ボールじゃない100円VRメガネ。そのまま取り付けるだけなんでこっちのが使い勝手は良いと思いました。

しばらくダイソーの100均ネタが続いてたので今日はキャンドゥで買ったものの紹介です。

何を買ったの?と問われればタイトルとおりVRメガネというやつ。
スマホに取り付けてバーチャルリアリティ動画を体感するのに使うメガネでして、ついこないだも段ボールで組み立てるVRゴーグルを紹介しました。

参考記事:
100円ポッキリのVRゴーグル作成キットを買ってみた!

内容というか仕組みは同じでして、今日紹介するのは組み立てるとかの手間はいらず、そのまま取り付けるだけなのでかなりお手軽VRゴーグルです。

キャンドゥで買ったアタッチメント式VRメガネ

バーチャルボーイの出現以来、VR市場はこれまでにない小規模な盛況ぶりをみせてます。
そして100均界隈においても地味に追随してるようでして、こんな感じのクリップ方式のVRメガネが発売されてたのです。

虫レンズ二つくっつけただけやん..っていうツッコミは慎むように。

対応サイズは4インチから6インチまで。まあたいがいのスマホはいけますね。
取り付け方はそのまんまクリップ部をスマホに差し込み、液晶画面中央とVRグラスを合わせるだけ。いたってシンプルです。

装着!

こないだ段ボールVRゴーグルを作った時はジェットコースターアプリを試しました。
今度は少し変化を加えてVRjumpというのを試してみることに。
どんな内容かというと、ペットボトルロケットみたいに高くジャンプした気分を味わえるアプリでして、神戸や桜島、軍艦島などロケーションは様々あってけっこう楽しめます。

次はYouTubeのVR動画を体験。

電気を消した穂がより臨場感を味わえることに気付きました。
でも凄い勢いで視力悪化しそうだなとも思った。
対象年齢が15歳以上なのは刺激ある動画云々ではなく単純に視力影響を懸念してのことなのでしょうね。

VR感想

この手のゴーグルを使用してVR動画を体感した人の多くはこう答えます。

「試してみたけど..すぐ飽きるぞ!」

とね。

youtubeのVR動画、iPhoneアプリのVRjumpやプラネタリウム..etc。
段ボールで作ったVRゴーグルの時より時間かけてVR体験しましたが、本音を申すならばやっぱりすぐ飽きました。

なんで直ぐ飽きちゃうのか?と問われれば、答えは一つです。

実体験には遠く及ばないから

画質が微妙に良くないいうのもあるけどバーチャルはしょせんバーチャルです。
遠足で科学館行った時にチラッとみて満足するレベルのバーチャル具合ですから、大の大人が楽しむには少々物足りない..というのが現状かな?

でもまあ、なんだかんだでまだまだ発展の余地はありますよ。多分。
動画の画質があんまし良くないのが飽きる原因の一つだとすれば、単純に画質が向上すればもっと満足出来るわけですからね。
4k8kと更なる高画質でVRが楽しる時代になれば俄然評価は変わってくるでしょう。

そういう意味では今はまだまだプロトタイプ。
ネガティヴな感想は置いといて今後に期待してみよう!ってことで今日のVRメガネ体験はここまで。

おしまい

VOX PLUS BE 3DVR ゴーグル イヤホン実装 ずいぶん未来的なVRゴーグル。
カッコいいですが家族を不安にさせうるので表立って装着するのは控えた方がよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク