DAISO SELECTのハヤシライスを食べました。

ここ最近はダイソーブランド食品をけっこう食べるようになりました。少し前食べたブラックカレーというやつが案外美味かったものでしてね。

どういうマジック使ってるのか考え及びませんが、ダイソーのプライベート食品はツボをついて美味いのです。
今回食したレトルト式ハヤシライスもそうだったから今のところハズレはひいてませんね。

ダイソーセレクトのハヤシライス

デミグラスソースだとか完熟トマトだとかでジックリ煮込んで作ったハヤシライスだそうです。
心はカレーを食べたいと訴えてましたが、今は適度に暑いくらいなのでハヤシいっときました。

レトルト式ですので作り方は湯煎とレンジの2通りあります。
どちらで作っても味に違いはない(多分)ですが、飯炊きでレンジ使うので湯煎しました。

飯炊きに使ったのはレンジ式飯炊き。一年以上ぶりに引っ張り出しました。

作り方は覚えてなかったけどフタに時間が刻印されてたんでなんとかなった。

ご飯が炊けたら容器にそのまま直かけします。

どう、美味しそうでしょ?

見た目がイマイチでもスプーンに載せるとしっかりハヤシライスです。

感想まとめ

しかしなんで「ハヤシ」ライスなのか?林さんが考案したからだろうか?

なんて思いつつ食ってたわけですが、調べてみたらハッシュドアンドライスが語源とする説と、早矢仕有的という人が作ったとする説、そのほか林名義のコックが作っただとか様々あること分かりました。(wiki調べ)

まあ、こういうのって言ったもの勝ちだし、料理屋間でも名称の流用はしまくりだったでしょうからね..。
僕的には林さんが商うレストランで出したライスの名称だろうと思ってます。
全国規模で名称が普及したわけですから、それ食った人、感銘受けた人がどんどん広めてったとする方が自然でしょう。

おっと感想がズレてしまったか。

ダイソーブランドでそんなん大丈夫?というイメージ持たれるかもですが、今回食ったハヤシライスもブラックカレー同様やはり美味かったです。

コクがあり、熟成された風味もある。
それに量もあるんで一合飯とこれでかなりお腹膨れました。
こうして記事書いてる間も腹減ってきたよ。
また食べたいなーと思える味でした!

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク